Marty Lost Works

HOT BREAKER











アンプのドライブサウンドは好き!
でもサスティーンが今一つ足りないのが難点だったり、
音量を大きくしないと歪まない、、、

そんな問題が解決できるかもしれません。

アンプライクなドライブ感を得るために、ディスクリート回路とOP回路の2本掛けで構成。
アンプとエフェクターを足して2で割ったようなドライブ感を得られます。

TONEはプレゼンス帯域をカバーし、パラメトリックEQではそれ以外の帯域を可変可能に。
BRIGHTな歪みを支えるLOWに対し、MIDでギラギラした部分に肉を盛る。
TONEでカバーできない高音域を調整可能とするHI。

開発の流れでとるアナライザーで周波数特性を測定しているときに、
想定外の”あること”に気づきました。
「強烈なハイパスフィルターがかかっている。」
聴感上ローが出ているように聞こえていても、
実際はかなり強烈にローがカットされていることが判明。

「それを補う何かを搭載したらどうなるのだろうか、、、」
そこで2種類のローブーストスイッチを追加。
SUPER LOWをブーストするRESONANCEスイッチは、
今までになかった低音の鳴りが足の裏から体全体へ響き渡ります。
BOTTOMスイッチはハイパスフィルターの効果を緩める効果があります。
ローからミッドを自然に持ち上げ、パワーが上がったような体感を得られます。

プレーヤーをやる気にさせる、そんなペダルが完成しました。



●特徴
・幅広い周波数帯域に対応するオーバードライブ
・ブルーススタイルの歪みに最適なアンプライクなトーン
・3バンドEQ搭載
・低音を増強するスイッチ「RESONANCE」を搭載
・ゲイン回路ハイパス効果を緩めるスイッチ「BOTTOM」を搭載
・入力段には原音に忠実なバッファーアンプを採用
・フットスイッチは電子スイッチ仕様のため、切り替え時のポップノイズが少ない
・ギター、ベースでも使用可能なハイブリッド仕様


●スペック
・入力インピーダンス:500KΩ
・出力インピーダンス:1KΩ
・電源:DC9Vセンターマイナス(電池はご使用になれません)
※DC9V以上の電圧を入力すると壊れます
・消費電流:17mA(LED全点灯時)
・サイズ:123mm(D)×93mm(W)×58mm(H)
・重量:430g





PAGE TOP